もぎたて!カワサキまるかじり!第1回川崎大師周辺

  1. 若宮神社
  2. ご利益通り
  3. 川崎大師
  4. 仲見世

 

お正月には参拝に多くの人が集まる川崎大師。一度は訪れたことがあっても、お寺以外のスポットや素敵な“大師人”の存在は意外とご存じないはず。今回のもぎたてカワサキまるかじりは、川崎大師周辺のそんな知られざるまちの姿をめぐります。

 

川崎大師駅すぐそばにある「若宮八幡宮」。いまや世界各国から人が集まる奇才「かなまら祭り」を催すなど、注目の神社。2階の資料館では、かつて使われた農工具のほか、性信仰・民俗にまつわる“秘蔵の品”をご覧いただくことも。

 

ごりやく通りにあるお肉屋さん「肉は松坂屋」はなんとも珍しい“コロッケ茶屋”を併設。ごりやくソースや無料のお茶とともに、揚げたてのコロッケをその場でおいしいだけます。気さくな店主さんがまちのイベント情報などをご紹介してくれました。

 

参道に面する民芸・仏具の「南天堂」。数百点に及ぶ商品が所せましと並んでいます。店主の郁夫さんは、まちの移り変わりや、店内奥でにらみを利かす「かまど面(窯の火を守る神を象ったもの)」の紹介など、ここでしか聞けないお話を聞かせてくれました。

 

参道にひときわ目立つ“おまんぢう”の文字。ここ「みかど冨士原商店」では、揚げたてホクホクの揚げ饅頭が食べられます。店主の冨士原さんに揚げ饅頭を始めたきっかけを聞いたところ、「揚げてみたらおいしくできたので」、とのこと。ちなみに、店主と案内人の父親とはゴルフ仲間です。


The following two tabs change content below.
チームもぎたて!
チームもぎたて!編集部です。
最新記事 by チームもぎたて! (全て見る)